透析時間って短くできないの?

よく患者さんに言われますよね?

医療は進歩しているのに何で透析時間って短くならないんだろうって思うのも分かります。聞かれたときは

「腎臓は24時間働いて毒素を除去している。透析はそれを短時間で行うため最低でも4時間は必要なんです!」

といってしまうことが多いです。

自分が思うに

医療は進歩しているが人間の体は大きな進化は遂げていないので毒素や余分な物質を急激に除去するっことに耐えられないんですよーって印象です。

疑問の解決にはならないかもしれませんが、自分なりの解釈で透析に時間がかかることを簡単な数字で考えてみました。

 


人間の血液量は体重の1/13と言われているので

65kg(血液量5L)の人で考えると…

あくまで想定ですが一般的な透析患者のQB(血液流量)200ml/分の速さでダイアライザー(血液浄化器)に血液が流れるとします。

計算上25分5Lの血液を浄化できたことになりますよね?

それで終わりでいいじゃんって思うかもしれません。

ただ、以前の投稿で説明したように透析で毒素の除去は主に拡散という原理を使っています。

参考URL:血液透析について|自分なりにまとめてみました
参考URL:拡散について(扶桑薬品工業株式会社)

 

濃度が均一になろうとする性質を利用しているので100あったものがいきなりになったりはしません。

血液だけで考えてみましょう。

血管の内側と外側で物質・水分の移動が起こらないと仮定します。下記の場合を想定します

  • 5Lの血液中に100個の物質Aがある
  • 5Lの血液がダイアライザーを通過した時点で毒素の量は半分に

この条件で物質Aの量が減っていく過程は

1回→50

2回→25

3回→12.5

4回→6.25

5回→3.125

6回→1.5625

7回→0.78125

1/100になるまでに7回循環が必要みたいですね。

時間で言うと25分×7=175分ってことで約3時間くらいになります。

健常人の血液中の物質Aが1個以下だと仮定した場合で約3時間です。

 

実際のところは体の部位によって血液の循環する速度が違ったり、血管内外での物質の移動があったり、ダイアライザ―内での除去効率の問題なんかもありますのでもっと時間がかかると思います。

効率上げればいいんじゃない?と思う方も多いかと思いますが、急激な濃度変化が人体に与える負荷はかなり大きいんじゃないかと思います。(細かいことは分かりませんが)

あと、患者さんからよく

「あと5分くらいなんだから早めに終わってもいいんじゃない?」

みたいなこともよく聞きますが、自分は

「5分で血液を1Lもきれいにできるんですよ!そう考えるともったいなくないですか?」

って言います。割と受け入れてもらえてしっかりやろうって思ってもらえることが多い気がします。

以上、自分なりに透析時間について思うままに書いてみました。間違った考え方をしている箇所もあるかと思いますので参考程度にしておいてください!笑

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください