聖徳大学通信教育部|スクーリング5日目

スクーリンング5日目

私は夏に受講予定の科目は本日で終わってしまいました( ;∀;)

 

5日間とても楽しく充実した日々でした!

本日までに関わってくださった人、学友達に感謝です!

 

がっつり学生気分を味わえた5日間でしたが、明日からは仕事が…

何だか久しぶりなのでいまいち気が引き締まらなく少し不安です(笑)

 

さて、本日は昨日からの「心理学概論」の続きです

  1. こころの成長と発達(発達心理学)
  2. 人と人との関係ー集団の影響ー
  3. 試験

の3コマでした

 

1のところで「ライフキャリアレインボー」ってワードが出たのですが

これには日本人が考えるべき点が多く詰まっているような気がしましたし、中学や高校で一度考える機会があってもいいんじゃないかなーとも思いました。

説明は難しそうなので気になった方は検索してみてください!

 

本日は2のところで教わったことを紹介します!

 

集団の影響

意思決定に関して次のような法則があるようです

  1. 返報性の法則
  2. コミットメントと一貫性の法則
  3. 社会的証明の法則
  4. 好意の法則
  5. 希少性の法則

 

1、返報性の法則

相手に何かをしてもらった時、無意識に相手にお返ししてしまう

⇒何かをしてくれる人に好意を持ちやすく、その人が言っていることを信じやすくなる

親切や優しさは自分に返ってくるのですね!

 

2、コミットメントと一貫性の法則

一貫性のある人だと見られたい!という性質を利用している

⇒目標ややることを言語化し宣言するとやらなければという意識が…ということですね

 

3、社会的証明の法則

社会の人がAといえばAが正しいのだ!といった感じの法則

先生のたとえがしっくり来たのでそのまま紹介

「トイレをきれいに使ってください!」だと「他の人も適当に使っているのかー」くらいの意識になり、きれいに使おうという意識が働かない

「いつもトイレをきれいに使っていただきありがとうございます!」だとみんなきれいに使っているなら自分も…ってなるらしい

確かに!って思いました!

男子トイレの「一歩前に!」って注意書きはまだ「きれいに使ってください」と同じレベルですね!!

 

4、好意の法則

好意をもっている相手の言動は信じられやすい

接触回数が多い、秀でた特徴がある、共通点が多い等が好意をもたらす要因になるそう

まずはふつうに会う回数を増やし共通点を見つける⇒自分の特徴をアピール という流れで好感度上がるって言ってたような?

 

5、希少性の法則

これは言わなくても分かるやつですね!

希少である⇒需要がある⇒いいもの!!

 

 


 

本日はここまでに

言い忘れましたが試験は〇×の50問でしたよ!

今日の午前中に学習したところまでのスクーリング内容が範囲でしたので勉強時間は余り取れませんでしたが、まじめに聞いていればかなり簡単なのではないかと思います!

スクーリンングをきっかけに今後の勉強も頑張れそうです!

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください